2007/06/30

解禁


明日7月1日は宗谷の渓のヤマメ釣りも解禁です。
と言う事で 道北の名流 徳志別川にヤマメ釣りに行って来ます。
生来ヤマメ釣り師の私に取って、7月1日とは 特別な日なんです。
生まれて初めてフライで釣った鱒もヤマメでした。
10cmも有るか無いかのヤマメでした。
でも、嬉しくて 一人で渓で騒いでました。

2007/06/29

贈り物


父の日のプレゼント と言う事で 少し遅れて 長男坊に初めて贈り物をもらいました。
照れ臭いけど、嬉しいものですね。
値段等はどうでもいいのだ と自分に言い聞かせていますが 少し気に成っちゃいますね。
(息子の給料で幾らの物が買えるんだろう?)
気に成っちゃうけど、 やっぱ、気持ちですよね、気持ち。
ありがとう。

2007/06/28

飲みに


昨晩も暑かったので36に。
程良く飲んでカラオケへ。
大好きな永ちゃんの
ウイスキーコーク
A DAY
アイ ラブ ユー OK
を歌う。
で、思った事。
スペイは永ちゃんだー!

2007/06/27

ミヤベイワナ


私の住む旭川から車で2時間15分。
然別湖。
そこの住人、ミヤベイワナ。
ここでしか、巡り会う事が出来ないミヤベイワナ。
本当に宝石と言う言葉がピッタリの鱒、ミヤベイワナ。
ただ、正直、この鱒はオショロコマの類だからか、非常に釣り易い鱒。と言う感じでした。
だからこそ、この鱒を釣るには一定の制限が必要なのでしょうね。
話しは それますが、この北海道の大地に感謝、感謝です。

2007/06/26

スピード感


やっぱり 虹鱒はスピードが速いっすね。
然別湖も 又 然りでした。
この虹鱒は岸釣り指定区域で。
想像してた通り、バックスペースが無いので、スペイキャスティング。
やっぱり岸から直角に投げるのは気持ちいいっす。
そうそう この虹鱒の体長41cm。
ウグイより6cm小さかった(笑)

2007/06/25

鯉?

一瞬、鯉?
随分とトルクフルな[引き]。
でも、此処は然別湖、鯉は居ないはず。
でもー?。
なんだーぁ?この引きは。
上がって来たのは ウグイ47cm。
この位の大きさに成ると 正直な話し、ウグイでも いいかなぁ。
なんて思いました。
写真、撮ろうかどうか迷ったのですが、撮りませんでした。
この大きさのウグイが居る然別湖。
凄いですね。

2007/06/24

然別湖


グリーンバックに朱点、
噂にゃ聞いては居たけれど。
本当に綺麗。
正直、引きは虹鱒に軍配ですね。
使用したフライは
ジェネラルプラクテショナー
インビクター

追記 本日最長そして自己最長のウグイ47cm

2007/06/23

期待と不安

いよいよ明日です。
どんなドラマが待ち構えて居るのでしょうか?
手漕ぎのボートを漕ぐのは20何年振り。
釣りよりもそっちの方が不安で不安で。

2007/06/22

ダンケルド


久し振りのダンケルド。
24日に初めて行く湖。
行った人からの又聞きなのですが、「ダンケルドが良かったぁ」と言う事でした。
正直、このフライには 今まで随分 助けられて来ましたねぇー。
下手タイヤー、下手釣り師って言う事を忘れさせてくれましたねぇ。
非常に好きなフライの一つなんです。
でもねぇー、引っ張りの釣りなんすよね。

2007/06/21

セミ

去年、SHOPでセミフライ成る物を見つけました。
とても私には作る事が出来ない様に見えたので参考の為に3個 買って見ました。
17日に初めて このフライを使うチャンスが訪れました。
凄かったです。
セミフライが浮かんだ瞬間にバイト!
凄い威力!
「やったぜ」!
でも私に顔を見せてくれたのは鯉科の魚。
残念。
只、このフライ、裏返しに成ったら 少しリトリーブしても表に返りません。
やっぱり 自作しないと駄目ですかね。

2007/06/20

シャック


昨晩に 書き込む予定でしたが 寝てしまいました。
17日に屈斜路湖のオンネナイ橋付近で釣りをしてると モンカゲロウのシャックが あちらこちらに。
あらららっ、ダンもぽつらぽつら旅立ってる。
すかさず、フライはモンカゲフローティングニンフ、モンカゲニンフ、モンカゲドライ。
でも、釣れません。
多分、フライのサイズが合わないんでしょうね。
此処のモンカゲは他の湖や、河川で見るモンカゲより一回り小さいですよね。
でも、なんで、此処のモンカゲは小さいのですかね?
来年は一回り小さいの作って来ます。

2007/06/18

懇親会


6月17日は今年の春に入会させて頂いた(会費は昨日やっと払いました)釣会の懇親会が屈斜路湖で有りました。
初めて参加させて頂き、ちょっと緊張。
なんちゃって!そんな年じゃ無いすっね。
ヒゲが白いのもばれたし、腹が出てるのもばれちゃった。
(釣りは朝一からやるので、どんなに格好つけてもヒゲは伸び放題、歯は臭い! って言う事で直ぐに素がばれるんです)
でも、同じ趣味仲間との新たなる出会いは 大変 嬉しいし有り難いっすね。
これからも皆様、宜しく御願いします。
17日の事で書きたい事が まだ有りますが、それは明日 書かせて頂きます。

2007/06/16

虹鱒

昨日の晩7時40分頃、石狩川でスペイの練習中、従兄弟から 大きいのばらしたとの電話が。
それで今日、朝3時に起きて湖に。
あれっ、従兄弟 居るじゃん。
で、2人で釣り開始。
でも、何か鱒の気配が無い。
そうこうしてると、バシャ-ン。
ライズ。
ライズ上手を目掛け、シングルスペイ。
でも全然、釣れない。
もう帰ろうと従兄弟に言った時に従兄弟に当たりが。
釣れて来たのは40弱の虹鱒。
これでスイッチが入りましたねぇ。
フライを取っ替え引っ替え。
この鱒が釣れたのは 名無しのヒゲナガウエット#10。
釣った方法は 湖と言えども、流れが有るので対岸目掛けてシングルスペイ。
そして、有る程度、沈めてからスイング。
スイングが終わってゆっくり、リトリーブ。
3回目のリトリーブ時に待望の当たりが。
30センチ位かな?なんて余裕ぶっこいてたらジャンプ。
でかい!60位 有りそう。
いきなり慎重に。
ばれるなよー。
なかなか寄らないっしょ。
御願いだから早く寄って!
従兄弟に救ってもらってネットイン。
うーん、58センチ。
ま、いっか。
ラインは杉坂隆久先生が販売している8.9番スペイ用インタミ シューティングヘッド。


2007/06/15

いける


マスタリーのスペイサーモンのWF-12/13Fのベリー部分(全長13.1m)を取り出して、
その胴を2m切り詰めて、リール側をティップ側にして、
CNDスペイラインティップF#9~12(全長6.1m)のベリー側をティップ側と合わせて、
胴の合った所で本体側を切って、CNDスペイラインティップとジョイント。
さっき、試して来てみました。
フローティングのスペイのシューティングライン。
まぁまぁ いけそうかな。

2007/06/14

仕事も終わり、帰宅時間。
雨です。
改造ラインを試す事無く帰宅。
明日の仕事帰りに試しましょう。
あさって休みなのですが、又、目指す川は濁って居るのでしょうか。

2007/06/13

改造ラインⅡ


湖用のフローティングのスペイのシューティングライン、作って見ました。
明日、試し振り しようかな と思ってます。

2007/06/12

旨い

今日、旭川の最高気温29度位だったのかな?
明日も同じ位かな?
ビールが最高に旨いぜ。(本当は発泡酒)
と、メタボリックシンドロームさんは言いました。
って、俺の事だけど・・・

2007/06/11

10日の釣り

10日の日曜日、朝4時頃に目覚め、4時半頃に自宅を出発。
目指す紋別中渚滑に到着は6時半頃。
川を見ると真茶々。
ガッビーン!釣りにならない。
頭の中でガラスが壊れて崩れてゆく。
今日の予定は朝6時半に全てがリセット。
まだ6時半だけど、釣仲間にメールで様子伺い。
すぐさま、電話が。
駄目と言う電話が。
気を取り直して 取りあえず もう少しで見頃じゃなくなる滝ノ上の芝桜見物へ。
今日は ひょっとしたら鱒、釣れないかもね。
だから芝桜をパチリ。

手塩、行こうかな。
で、上流部到着。
まだダムの放水が終わってないので水量が凄い多い。
気を付けないないと足元すくわれる って感じ。
足元 と言えば今日からウエーダー、夏支度。快適。

で、当たりは有るものの 乗らないんです。多分、新子ヤマメだと思うのですが。
のち、風連20線堰堤へ。
此処も御多分にもれず、真茶々。
支流ニウプへ。全然、釣れない。
支流名寄へ。ウグイ、ウグイ。
やっと釣れた新子ヤマメ。

2007/06/09

石狩川


上流部はまだ水が多く濁ってますが、旭川市内近辺では虹鱒が釣れ出してきてますね。
写真は去年、岡田先生が石狩川で釣った50オーバー。

2007/06/07

夕立

この雨は週末に釣りをする河川に影響が有るのでしょうか?
気に成ります。

2007/06/06

乱舞 合唱

鱒が釣れてる話しがポツラ、ポツラ。
いてもたっても居られず、仕事帰りに石狩川支流へ。
川面に到着したのは午後6時40分頃。
すっごーい!
トビケラ達が乱舞。
そして カエル達は合唱。
フライは迷う事なくカディスピューパ。
そのうちに バシャッ、バシャッと鱒達が乱舞するはず。
黙々とキャストと行きたい所だが釣りに100パー集中 出来ない。
何故って 耳元ではプーン、プーン。
手の甲には止まってるし。
って言うか、吸ってるし。
俺の血を。
この[蚊]さえ居なければ釣りに集中 出来るのに。
と思ってる時、念願の当たりが。
やったー!
こいつは虹鱒だ。
あっ!
ばれた。
溜息。
[蚊]で集中 出来ないしね、しゃーない、しゃーない。
と自分に言い聞かせ。
黙々とキャスト。
と 行きたい所だが、
やってる事は頭を振ったり、手を動かしたり、手の甲を叩いたり。
って、蚊退治に集中。
そのうち、トビケラの乱舞は見られなくなり、辺りも暗闇に。
そんな時に又もやロッドに伝わる鱒の生命感。
今度こそ!慎重に。
またもや逃げられましたね。
スイングが早かったからね。
フッキングも浅かったんだろうなぁ。と自分を慰めて。
それにしても短時間で随分、蚊に刺されたよなぁ。
また、近いうちにリベンジに来るよ。
今度は[蚊]対策、バッチリして 釣りに集中しますよ。

分かりますか?小さな点は全て トビケラです。

2007/06/05

日記から

4年前から付けている日記を紐解くと。
H15年の今日、SY川で虹鱒35センチ位のが4匹。
H16年の今日、SR川でイトウ63センチが1匹。
H17年の今日、SR川でイトウ61センチが1匹。
去年の日記は何処へ。
去年も何か釣れてるはず。
招魂祭って 釣れてるんですよね。
きょう、釣りに行きたかったな。
きょう、釣りに行った人の話しを聞かせて頂きます。

2007/06/04

2007/06/03

2007/06/01

多用


昨日の晩、I氏から「ジューンバグで成果が上がらなかったわ」との電話。
私も大好きで多用してるフライ。

もう一つ 多用してるのが、ピーコッククイーン。